これから格安SIMを使ってみたいと思っている人もいるかと思います。

ですが、そういう人も安易に格安SIMを使うのはやめた方が良いです。

なぜなら、安易に格安SIMを使って失敗したという事が普通にあるからです。

では、実際にどういう風にして格安SIMを使うのが良いかというと、おすすめはキャリアのスマホともうひとつ予備で持っておくのがおすすめです。

そういう使い方で格安SIMを持っておけば便利な事はあっても不便に感じる事はないからです。

ですが、注意しないといけないのはこれまで使っていたキャリアのスマホを解約して格安SIMにしてしまう時です。

もちろん、そういう使い方で格安SIMを使っても問題ない事はあります。

ですが、実際にはキャリアのスマホから格安SIMにしてしまって大失敗という事があります。

その一番の理由がキャリアと全く同じ条件で格安SIMを使おうと思っているというのがあります。

そういう風に思って格安SIMを使うようになると思った以上に不便に感じて後悔する事があります。

具体的にはキャリアでは普通にあってサポートが格安SIMでは受ける事ができないというのがあります。

なので、もし格安SIMにキャリアと同じものを求めているならそこは注意しないといけないです。

そこは確実にキャリアよりも劣るのでそこを理解した上で格安SIMを使う必要があります。

また、格安SIMはキャリアよりも回線が貧弱というのがあるので通信速度が遅くなる事もあるのでそこも注意しないといけないです。

そうしないといざ格安SIMにしたら思った以上に速度が出なくて使えないという事にあるからです。

ですから、格安SIMの使い方としてはあくまでキャリアを持っていてもう1台持っておきたいという時におすすめというのがあります。

また、キャリアほどの室は求めておらずとにかく安くスマホを持ちたいという時に使うのがおすすめです。

そういう目的で格安SIMを持てば特に不便も感じずにスマホ代を節約できるのが良いです。

なので格安SIMをキャリア並みの品質だと思って使ってはいけないです。

あくまでスマホを安い維持費で持てるという認識で使うのが正しいのでそこは間違ってはいけないです。